20代 お手入れ

20代から始める肌トラブル対策

 

成人してから、肌の乾燥に悩むようになりました。

 

おそらくきっかけは、10代の頃からの過剰なスケンケア。

 

元々どちらかと言うと乾燥肌だったのですが、化粧をしてもしていなくても、毎晩お風呂でオイルを使ったクレンジング、週1回毛穴パック、など顔に必要な油を取りすぎていました。

 

自分としては、しっかりケアしなくちゃという思いでやっていましたが、逆に肌に負担をかけていた状態でした。

 

本格的なお手入れは20代から?

そして20才過ぎた頃から顔全体がカサつきやすいなと思い始め、化粧品売り場のカウンターで肌の状態を見てもらうといつも「水分量が足りない」と言われるようになりました。

 

肌の乾燥も、シミやシワの原因になるそうです。

 

現在27才ですが、ほうれい線やおでこのシワが気になります。

 

乾燥肌に対し、様々な保湿を試してきました。

 

まず洗顔後の美容オイル。

 

オイルを塗れば確実に潤いますが、就寝時にベタベタしてやや不快です。

 

朝塗ると顔がテカテカするので、化粧に手間取り、使い辛さを感じていました。

 

美容クリームも、ブランドによって本当に様々で、サラリとしすぎているもの、潤うけど顔が荒れてしまうなど、使用感はマチマチでした。

 

色々クチコミを調べ、さらに試してみたのが、何もつけずに肌を鍛える、という方法。

 

洗顔後つっぱっても、それに耐えると、肌の自己免疫機能が回復する、とかなんとか。

 

しばらく試してみましたが、特に乾燥肌に変わりはなく、つっぱるし、かさついて痒くなるし、期待した効果は得られませんでした。

 

特にいいなと思ったのは、スチーマーの使用です。

 

高価なので手は出しにくいですが、一日10分使用するだけでかなり潤うようになりました。

 

こんなお手入れも有効!?

 

シミ・そばかす対策として使っているものは、春・夏にUVカット用の日焼け止めを塗ったり、普段使っているファンデーションもUVカットの効果があるものを使用したりしています。

 

その他に、シミ・そばかすを消す目的で使用しているものはありませんが、シミ・そばかす防止につながるビタミンCを多く含む食品を普段の食生活でコンスタントに摂るよう心がけています。

 

フルーツや、旬の野菜などを、多く食べるようにしています。

 

また、野菜に含まれるビタミンCは、過熱により外部に流れ出てしまうので、生で食べられるものはできるだけサラダで食べたり、過熱するものはスープなどにして流出したビタミンも汁ごと一緒に食べられるようにしたりして、食べ方も工夫しています。

 

 

 

友人がエステの勉強を始めたので、モデルになってとのお話をいただき、スチームを当てながらのマッサージや、パックなど、月1でしてもらいました。

 

半年後の季節の変わり目には、毎年悩まされていた、目の周りと口の周りのかさかさがなくなり、のりの悪かったファンデーションも、すっかり馴染むようになり、久々にあった別の友人から、きれいになったといわれるくらいになりました。

 

エステと同時に、リンパマッサージにも行きました。

 

リンパの流れが滞っていたようで、足の先から頭のてっぺんまでをマッサージしてもらったら、翌日から、お肌がつるつる・ぴかぴかとしてきました。

 

また、1日に2Lのお水を飲むとよいといわれ、せっせと飲み始めたら、体調もよくなりました。